熱スタ2007

.

熱スタ2007 攻略道 アスナロDASH! 野手編


■最初にどのようなタイプの選手を作るかはっきりと決めておきましょう


例えば・・・


・[捕手]or[一塁手]or[二塁手]or[三塁手]or[遊撃手]or[外野手]

・[右投げ]or[左投げ]

・[右打ち]or[左打ち]or[両打ち]

・[リードオフマン]or[チャンスメーカー]or[クリーンナップ]or[ゴールデングラブ]

・[高卒ルーキー]or[大卒ルーキー]or[社会人ルーキー]or[中堅]or[ベテラン]or[スケット]

etc...


捕手 :パスボールや盗塁を防ぐため、守備力を必要とする

一塁手:それほど守備力は重視されない。足や肩も同様。パワーヒッターに多いポジション

二塁手:足や守備力を必要とするが、肩の力はそれほど重要ではない。巧打者に多いポジション

三塁手:そこそこの守備力で十分だが、肩が必要。パワーヒッターに多いポジション

遊撃手:守備の要といわれるポジション。足の速さや肩も必要

左翼手:それほど守備力は重視されない。足や肩も同様。パワーヒッターに多いポジション

中堅手:俊足、強い肩、高い守備力が必要。肩よりも足を重要視する

右翼手:強い肩、高い守備力が必要。


右投げ:どの守備でも特に問題はない

左投げ:一塁と外野以外の守備だと不利


右打ち:一般的に左投手に対して有利だが、右投手に弱い

左打ち:一般的に右投手に対して有利だが、左投手に弱い

両打ち:どちらの投手に対しても有利


リードオフマン:俊足、巧打の一番打者タイプ

チャンスメーカー:バントに優れた二番打者タイプ

クリーンナップ:長打力のある四番打者タイプ

ゴールデングラブ:肩と守備に優れた守備の名手タイプ


高卒ルーキー :初期能力は一番低いが、監督へのアピール度は高い

大卒ルーキー :初期能力は低めだが、監督へのアピール度は高い

社会人ルーキー:初期能力は標準、監督へのアピール度も標準

中堅     :初期能力は高めだが、監督へのアピール度は低い:

ベテラン   :円熟期を迎え、初期能力は高めだが、監督へのアピール度は低い

スケット   :初期能力は高いが、結果が求められる